FC2ブログ

大福ままの育児鍼灸日記

小児鍼灸治療&時々育児日記

Entries

『治未病』病む前のケアが大事

1才10か月、息子の中耳炎の具合は良好です。


右耳の膿はすっかり止まり乾いてきていて
鼓膜が赤くなっていた左耳も炎症が治まってきつつあります。


毎日お灸と小児鍼をしました。



鼻と耳は中でつながっているので鼻からばい菌が入り中耳炎を起こすことがあり
今回の原因はそれとみられ
再発予防には鼻をつまらせたりしないよう鼻の通りをよくしておくことが大事で
鼻の通りを良くするのには上星という頭のツボが非常に効果的です。

上星は毛髪のある部分なので小さいお灸を息子が寝ているうちにしました。
びっくりするぐらい効果的なのですがおちびちゃんには起きているときは少しやりにくいです。



中耳炎を起こしてからだと治療に時間がかかるので起こす前に予防すること。
『治未病』という漢方の考え方、病気になる前のケアが大事ということを今回あらためて実感しました。



関連記事
スポンサーサイト



  • [No Tag]

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。