FC2ブログ

大福ままの育児鍼灸日記

小児鍼灸治療&時々育児日記

Entries

ずはらしい見習いさん

最近『見習う』ということや教えることについて改めて考える機会がありました。



保育園に通う息子が朝『今日はぼくがご飯作るで!』というので



『じゃあ晩御飯はまかせた。材料は何を買っておけばいい?』と母が尋ねると



『だ~が~ら内緒だってば!お鍋貸してね』と息子。



保育園が終わり帰宅すると早速自分で小さなエプロンをつけ踏み台を用意
してコンロにのっていた寸胴鍋を使おうとしたので『何つくるの?』と尋ねるとまた『内緒!』



小さな鍋をだしてあげると満足したように冷蔵庫を覗きこみ始めて



息子『え~と卵に牛乳…』



母『わかった!ホットケーキだ!』



息子『ぶぶー!ウィンナも使おう。』



鍋に牛乳と卵を割入れぐるぐる掻き交ぜウィンナをだだっと乱切りにしてほうり込みグツグツ。



うきうきと『味見する人~!?』と聞いて小皿で味見する息子。




素晴らしく母をまねている様子に感動と衝撃をうけた母でした。



更には出来上がったスープを給仕する姿やおかわりを聞く『おかわりたべるひと~!』やいちいち一言つける文句仕草や口調もそっくり!




日頃口うるさく言うことよりもして欲しい行いをまずは親が当たり前にすることの大事さをしみじみ実感した夜でした。



ご馳走様でした。

  • [No Tag]

七五三のお祝い

上天気の今日は七五三のお祝いです。
5歳まで大病無く過ごせたことに感謝ですね。




二川伏見稲荷です。のんびり出来て良い雰囲気です。

着物の着付けは湖西市の美容室ペアーエミさんにお世話になりました。


『東京まで出かけても着崩れしない苦しくない』というお話の通り
参拝して昼食も着物のままいただけるくらい楽チンでそれでいて着崩れなしでした。



写真は湖西市のワカバさんにお願いしました。
少しもじっとしていない息子にしびれをきらさず
ご家族総出で1時間程も撮影につきあってくれて大変感謝です。


カメラマンさんの『たのむ~!!おねがいだから!!』の叫びが忘れられない思い出になりました。
  • [No Tag]

大福はりきゅうカー77777キロ


大福はりきゅうカーが走行距離77777キロメートルを迎えました。

yuriスライド 028





もちろん駐車していたときにとりました。
これからも安全運転心がけたいです。
  • [No Tag]

母の日

息子が保育園で小さな花束を作ってきてくれました。
『お掃除とか・・洗濯とか・・・ありがとう』



照れ屋な彼が花束を渡してから
ずっと遅れて言ってくれた気持ちです。
yuriスライド 026


気持ちを伝えるのって忘れがちですね。
でもとっても嬉しいことなので私も伝えるよう心がけようと思いました。



こちらも保育園からの元気便りです。

yuriスライド 027


えらいまん丸でつやつやでびっくりしました。




作り方を尋ねるととっても得意げに教えてくれます。
  • [No Tag]

二十四節気の食事

日々過ごしていて感じるのが
健康の為には食養生が大事ということです。



漢方でも脾胃(胃腸)は中心的な役割と考えられ
治療の際にも必ず確認します。






旬の食物を食べて季節に合わせた暮らしをして
健康の基礎を強化したいと考えていたところにちょうど出合った一冊の本が



『つなげていきたい野崎洋光の二十四節気の食』です。




二十四節気と日本の暮らしや旬の料理についてかかれています。
レシピもついています。




『あくや苦味のある山菜は自然界の薬です。
少し食べるだけで冬の間ちぢこまっていた体に刺激を与えてくれます』




など旬の料理を頂きながらその意味や効能を学べます。




今の時期は『穀雨』こくうといって
穀物の為には必要な雨の降る季節です。



スーパーにはいつも色々な野菜が売られているので
感覚が麻痺してしまいますが



本来の野菜の旬はとても短いことに気づかされます。




端午の節句には柏餅作りに挑戦してみようか…
と張り切っていますが



柏の木がなかなか見当たらないのが残念。





  • [No Tag]